コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小佐井才八 こさい さいはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小佐井才八 こさい-さいはち

1819-1862 江戸時代後期の測量家。
文政2年生まれ。肥後(熊本県)の人。測量術にくわしく,また航海術オランダ人にまなぶ。文久2年8月14日富士山頂で測量中に病気になり死去。44歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小佐井才八の関連キーワード橋本宗吉サイゴン条約黒住教おらが春アンベールブリジェンス石田春律各務文献振鷺亭林国雄