コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉勝介 おぐら しょうすけ

2件 の用語解説(小倉勝介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小倉勝介 おぐら-しょうすけ

1582-1654 江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)10年生まれ。土佐高知藩士。家老野中直継の信任をえて仕置役をつとめる。林産資源の活用をくわだて,輪伐制を導入,留山(とめやま)・留木(とめぎ)制をおこなう。直継の死後は野中兼山の補佐役として藩政を推進した。承応(じょうおう)3年3月26日死去。73歳。名は政平。通称は少介,勝助ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小倉勝介

没年:承応3(1654)
生年:天正10(1582)
江戸初期の高知藩士。少助,勝助ともいう。名は政平。家老野中直次の信頼を得て仕置役として,同藩の初期藩政改革である元和改革に参加。林産に注目して高知藩林政の中核をなし,50年を期限とする輪伐制を創始した。また上方を流浪中の野中兼山を野中家の養子とし,兼山が奉行職につくと,藩政における兼山の独走を押さえた。

(長谷川成一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

小倉勝介の関連キーワード後光明天皇御義口伝後光明天皇かつら小倉勝介スペイン音楽高遠藩明智光秀江馬輝盛斎藤利三

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone