コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉源五右衛門 おぐら げんごえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小倉源五右衛門 おぐら-げんごえもん

1816-1865 幕末の武士。
文化13年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。藩主毛利敬親(たかちか)の小姓役,目付役などをへて,第1次幕長戦争後に成立した守旧派(俗論派)政権の用談役となる。元治(げんじ)2年急進派(正義派)との内戦に敗れて捕らえられ,慶応元年閏(うるう)5月29日護送中に自刃(じじん)した。50歳。名は実美。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小倉源五右衛門の関連キーワードアメリカ合衆国史(年表)バイロン金本位制度永井尚志フォーレカッテンダイケグナイストフォルカードボップマリア[1世]

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android