コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倭郷一揆 おやまとごういっき

世界大百科事典 第2版の解説

おやまとごういっき【小倭郷一揆】

戦国期の約100年間,伊勢国小倭郷(現,三重県一志郡白山町地域)にみられた地侍衆の一揆的結合。1494年(明応3)当地の出身者天台宗真盛上人により成願寺が建立されたのを機に,地侍衆46名は一揆契状を作成し,白山神社に拠って互いの結束をはかった。この一揆が注目される点は2点ある。第1はほぼ同時に作成された百姓衆起請文との比較から,全郷的な地侍一揆の下に近世の村規模単位の農民的結合〈百姓衆〉の存在が確認されることと,また一揆は百姓衆の支配を強化する目的で,結成されたことがわかる点。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

小倭郷一揆の関連キーワードナタリー コーグリンマイケル フェルプスマイケル フェルプス期待値ラノミ クロモビジョヨネーサン エードリアンリスベス トリケットダラ トーレスジェイソン レザックマーリーン オッティ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android