コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倭郷一揆 おやまとごういっき

1件 の用語解説(小倭郷一揆の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おやまとごういっき【小倭郷一揆】

戦国期の約100年間,伊勢国小倭郷(現,三重県一志郡白山町地域)にみられた地侍衆の一揆的結合。1494年(明応3)当地の出身者天台宗真盛上人により成願寺が建立されたのを機に,地侍衆46名は一揆契状を作成し,白山神社に拠って互いの結束をはかった。この一揆が注目される点は2点ある。第1はほぼ同時に作成された百姓衆起請文との比較から,全郷的な地侍一揆の下に近世の村規模単位の農民的結合〈百姓衆〉の存在が確認されることと,また一揆は百姓衆の支配を強化する目的で,結成されたことがわかる点。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小倭郷一揆の関連キーワード伊勢村意朔清水谷公松大河内朱印状戦国策伊勢白粉古万古伊勢志摩の観光地伊勢津彦星合具種

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone