瀬田(読み)せた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滋賀県大津市南部にある地区。旧町名。 1967年大津市に編入。古代近江国府がおかれた地で,東海道瀬田唐橋」の東側の橋畔集落として発達。古くから交通の要地で,新幹線,国道1号線,名神高速道路などが通る橋がある。電機レーヨンなどの工場も立地。 1970年国鉄田駅開設以後,宅地化も進んでいる。近江八景の「瀬 () 田夕照」で知られ,琵琶湖国定公園を代表する景勝地の1つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滋賀県南部、大津市の一地区。旧栗太(くりた)郡瀬田町。古くは勢多、勢田とも書いた。瀬田川東岸の渡津集落で、東国から京都へ入る重要な交通の要衝であった。現在も北からJR東海道本線(琵琶(びわ)湖線)、国道1号、旧東海道、東海道・山陽新幹線、名神高速道路、京滋バイパスが走る。古来、近江八景(おうみはっけい)の一つ「瀬田の夕照(せきしょう)」で知られる瀬田唐橋(せたのからはし)は旧東海道に架かる橋で、『日本書紀』天武(てんむ)天皇1年(672)7月の壬申(じんしん)の乱の条に記され、『枕草子(まくらのそうし)』に「橋は瀬田橋」とある。現在の橋は1979年(昭和54)に付け替えられたもので、擬宝珠(ぎぼし)などに旧態をとどめる。南東詰に田原藤太秀郷(たわらとうたひでさと)を祀(まつ)る橋守神社がある。このほか近江一宮(いちのみや)の建部(たけべ)大社や、背後の丘陵地に近江国庁跡(国の史跡)がある。また丘陵地には県立近代美術館、滋賀医科大学、龍谷大学瀬田キャンパスなどの学術文化ゾーンが展開されている。

[高橋誠一]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

滋賀県大津市の地名。琵琶湖南端、瀬田川への流出口に面する。古くは近江国の国府所在地。近江国一宮の建部(たけべ)大社がある。勢多。勢田。
※書紀(720)天武元年七月(北野本南北朝期訓)「男依等、瀬田(セタ)に到る。時に大友皇子、及び、群臣等、共に橋の西に営りて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の瀬田の言及

【大津[市]】より

…1898年市制。1932年滋賀村,33年膳所(ぜぜ)町,石山町,51年坂本村,下阪本村,雄琴(おごと)村,下田上村,大石村,67年堅田町,瀬田町を編入。人口27万6332(1995)。…

【勢多】より

…現在の大津市瀬田付近をさし,《和名抄》に栗本(くるもと)郡勢多郷がある。古く《日本書紀》は天武1年(672)7月22日,壬申の乱での瀬田の戦いを記し,瀬田橋もすでにあった。…

【瀬田川】より

…琵琶湖から流出する唯一の河川で,南郷洗堰(なんごうあらいぜき)の下流で大戸(だいと)川を合わせ,次いで米がし,鹿飛(ししとび)の奇勝地から峡谷をつくって南西方向に流れて宇治川となる。東岸の大津市瀬田地区は古来交通の要所として知られ,著名な合戦場でもあった。瀬田から対岸の石山へは東海道本線,新幹線,国道1号線,名神高速道路,旧東海道(瀬田唐橋)の五つの橋がかかって新旧の対照をみせ,河岸には繊維,電器などの工場が集中する。…

※「瀬田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瀬田の関連情報