コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私徳政 しとくせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

私徳政
しとくせい

土一揆などが行なった,貸借,質入れ契約などの破棄をいう。正長1 (1428) 年近江から起った土一揆は,徳政を要求して,債権債務関係の破棄を行なった。その後土一揆が頻発し,質屋など債権者を襲い,借用証文や質物を奪い取ることが多かった。このような私徳政は桃山時代に終息した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐とくせい【私徳政】

室町時代、幕府が発令した徳政令によらず、土一揆が実力で行った徳政。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しとくせい【私徳政】

幕府などの公権力が発布した徳政令によらず,私的に徳政の名で本来の持主が売買物,質入物を取り戻すこと。室町時代の社会の基層部には,なお移転した物,とくに土地は本来の持主のもとに帰るのが正しい姿であるという観念が強く存在し,種々の〈交替〉観念にもとづく契機により私徳政が行われる,〈徳政状況〉ともいうべき状態が存在した。この私徳政の形態としては,地発(じおこし)などのように個別的にひろく移転した所有物を取り戻すかたち,また一揆や郷村が集団のメンバーに限定して徳政を施行する在地徳政,さらに徳政一揆が施行する私徳政などがあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しとくせい【私徳政】

室町時代、幕府が正式に発令したものではない徳政。土一揆の実力による徳政や、大名が自分の領内で行う徳政など。私の徳政。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

私徳政
しとくせい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の私徳政の言及

【徳政一揆】より

…鎌倉幕府のいわゆる永仁の徳政令以来,債務破棄と土地取戻しを内容とする徳政を期待する風潮が諸階層の間に強まってきて,それを実行する各地の散発的な動きが積み重なって,正長の土一揆に爆発したといえる。徳政一揆の内容は,土倉を襲って借書を焼き質物を取り戻すことによって個別に債務を破棄するいわゆる私徳政と,幕府や守護などの地方権力に徳政令の発布を要求することの二つからなる。私徳政の裏付けのために徳政令を引き出すのであって,徳政と号するという行為が両者の結びつきを示している。…

※「私徳政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

私徳政の関連キーワード正長の土一揆

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android