コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小出光教 こいで みつのり

2件 の用語解説(小出光教の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小出光教 こいで-みつのり

1820-1876 江戸後期-明治時代の暦算家。
文政3年11月生まれ。小出兼政の養子。阿波(あわ)(徳島県)の人。京都で土御門(つちみかど)家,江戸で内田五観(いつみ)にまなび,砲術や航海術にも通じた。慶応2年徳島藩の小姓格,櫓奉行となる。維新後は香川県の師範学校でおしえた。明治9年10月18日死去。57歳。本姓は数藤。通称は由岐太,由岐左衛門。著作に「算法円理四霊表並解」,訳書に「蘭垤(ランデ)略暦」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小出光教

没年:明治9.10.18(1876)
生年:文政3(1820)
幕末の算学者,暦学者。小出兼政の養子。阿波国名東郡(徳島市)の郡方手代数藤円平の4男で瓦師北野多郎兵衛の養嗣子となり,北野由岐左衛門と称し,兼政の門人となったが藩命で阿波(徳島)藩士の小出家を継いだ。養父に学び土御門家に入門。のち江戸に出て内田五観につき,かたわら蘭学を学んだ。藩の砲術家より砲術を学び,櫓奉行となって砲台の築造,大砲の鋳造御用などを勤め,一方では暦の推歩,略暦編纂を行った。幕府崩壊後一時明治政府に仕えたが,のち辞して郷里に帰り,洋算の教授を行い,明治7(1874)年讃岐師範学校1等助教授になり高松で没した。<著作>『弘化元暦』『算法円理四霊表』

(内田正男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小出光教の関連キーワード福田理軒小出侗斎順養子阿部有清葛西一清小出兼政小出長十郎小出英長小出三尹福田復

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone