コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小出永安 こいで えいあん

1件 の用語解説(小出永安の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小出永安 こいで-えいあん

?-1684 江戸時代前期の儒者。
京都の熊谷活水(くまがい-かっすい)にまなび,尾張(おわり)名古屋藩につかえる。のち江戸で備中(びっちゅう)(岡山県)足守(あしもり)藩主木下〓(“八がしら”に「白」)定(きんさだ)の客分にもなった。貞享(じょうきょう)元年10月27日死去。名は立庭。字(あざな)は不見。通称は内記。号は永庵とも。著作に「論語序説仮字抄」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小出永安の関連キーワード貞享稲葉正休岡村十兵衛堀田正俊金鍔元禄時代耳搔き稲葉正休河東節市法貨物仕法

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone