コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小出永安 こいで えいあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小出永安 こいで-えいあん

?-1684 江戸時代前期の儒者。
京都の熊谷活水(くまがい-かっすい)にまなび,尾張(おわり)名古屋藩につかえる。のち江戸で備中(びっちゅう)(岡山県)足守(あしもり)藩主木下〓(“八がしら”に「白」)定(きんさだ)の客分にもなった。貞享(じょうきょう)元年10月27日死去。名は立庭。字(あざな)は不見。通称は内記。号は永庵とも。著作に「論語序説仮字抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小出永安の関連キーワード小出蓬山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android