コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足守 あしもり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足守
あしもり

岡山県南部,岡山市西部の旧町域。吉備高原に発する足守川がこの地で岡山平野に出て南流,児島湾に注ぐ。 1971年岡山市に編入。かつて後白河院領であったが,のちに神護寺に寄進された。この神護寺時代の嘉応1 (1169) 年作成の『足守荘絵図』 (国指定重要文化財) が現存する。江戸時代には足守藩2万 5000石として木下氏が支配。明治4 (1871) 年の廃藩置県で足守県となった。産業は農業を主としており,メロン,ゴボウ,マツタケなどを産する。木下利玄 (藩主の子孫) ,緒方洪庵の生地で,近水園 (おみずえん) は名園として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足守
あしもり

岡山市北区西部の地区。旧足守町。1184年(元暦1)に京都神護(じんご)寺の荘園(しょうえん)となる。『足守荘絵図(紙本墨書寺領絵図足守庄図(しほんぼくしょじりょうえずあしもりのしょうず))』は国の重要文化財。近世は豊臣(とよとみ)氏の一族木下氏2万5000石の陣屋町となった。足守藩侍屋敷遺構(県重要文化財)や藩主庭園の近水(おみず)園(県名勝)が残り、1990年(平成2)には県の町並み保存地区にも指定された。歌人木下利玄(りげん)の生家がある。中心集落の足守は足守川の谷口集落で、やや上流の大井は市場町としてにぎわった。国道429号が通じる。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

足守の関連キーワード木下〓(“八がしら”に「白」)定岡山市立歴史資料館足守文庫緒方洪庵旧宅および塾岡山県岡山市北区足守高松城(岡山市)吉備(岡山)高松城水攻め間野 貞一木下長嘯子岡山[県]佐分利左内難波 仁斎岡山[市]木下 利玄小出永安木下利当守屋庸庵木下家定加藤泰興浅野長晟

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足守の関連情報