コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足守 あしもり

2件 の用語解説(足守の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足守
あしもり

岡山県南部,岡山市西部の旧町域。吉備高原に発する足守川がこの地で岡山平野に出て南流,児島湾に注ぐ。 1971年岡山市に編入。かつて後白河院領であったが,のちに神護寺に寄進された。この神護寺時代の嘉応1 (1169) 年作成の『足守荘絵図』 (国指定重要文化財) が現存する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足守
あしもり

岡山市北区西部の地区。旧足守町。1184年(元暦1)に京都神護(じんご)寺の荘園(しょうえん)となる。『足守荘絵図(紙本墨書寺領絵図足守庄図(しほんぼくしょじりょうえずあしもりのしょうず))』は国の重要文化財。近世は豊臣(とよとみ)氏の一族木下氏2万5000石の陣屋町となった。足守藩侍屋敷遺構(県重要文化財)や藩主庭園の近水(おみず)園(県名勝)が残り、1990年(平成2)には県の町並み保存地区にも指定された。歌人木下利玄(りげん)の生家がある。中心集落の足守は足守川の谷口集落で、やや上流の大井は市場町としてにぎわった。国道429号が通じる。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足守の関連キーワード総社[市]岡山県岡山市北区一宮岡山県岡山市北区吉備津岡山県岡山市中区さい岡山県岡山市北区七日市西町岡山県津山市西中岡山県岡山市北区西花尻岡山県岡山市中区浜美星〈町〉岡山県岡山市北区南方

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

足守の関連情報