コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小刻み コキザミ

デジタル大辞泉の解説

こ‐きざみ【小刻み】

[名・形動]
小さく刻むこと。また、そのさま。「大根を小刻みに切る」
ごく短い間隔で動作をくりかえし行うこと。また、そのさま。「小刻みに体が震える」「小刻みな歩き方」
物事を少しずつ行うこと。また、そのさま。「代金を小刻みに支払う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こきざみ【小刻み】

( 名 ・形動 )
小さくきざむこと。
動作を短い間隔で反復して行うさま。せわしいさま。 「手が-に震えている」 「 -な足音」
何度かに区切って少しずつ行うさま。 「 -な値上げ」 「 -に得点する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小刻みの関連キーワードマルチレベルダイビング武者震い・武者振るいクローリングペッグペニーオークションプログラム学習ひょこひょこ短周期地震動ラチェット標準発注量ひくひくぼりぼりくいくいドリブルトレモロ打震える啜り泣くわなわなひくつくひりひりぴくぴく

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小刻みの関連情報