コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じりじり ジリジリ

2件 の用語解説(じりじりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じり‐じり

[副](スル)《「ぢりぢり」とも表記》
ゆっくりとわずかずつ確実に進み迫ったり退いたりするさま。じわじわ。「首位にじりじり(と)迫る」
いらだたしい気持ちがつのって落ち着かなくなるさま。「なかなか電車が来なくてじりじりする」
太陽が焼けつくように強く照りつけるさま。「真夏の太陽がじりじり(と)照りつける」
油などの焼ける音を表す。
「鰯の油が―と垂れて青い焔が立った」〈長塚
ベルなどの鳴る音を表す。「始業のベルがじりじり(と)鳴る」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じりじり

( 副 ) スル
ある一定の方向に、ゆっくりとではあるが確実に動いていくさま。じわじわ。 「劣勢を-(と)盛り返す」 「 -(と)値上がりする」
待ち切れなくて、しだいにいらだつさま。また、そうすること。 「 -しながら待つ」
太陽が強く照りつけるさま。 「 -(と)照りつける真夏の太陽」
油や汗などが少しずつにじみ出してくるようす。 「 -(と)にじみ出る脂汗」
ベルなどが続いて鳴る音を表す語。
焼けにくいものが少しずつ焼ける音や、油でいためる音を表す語。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

じりじりの関連情報