コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じりじり ジリジリ

デジタル大辞泉の解説

じり‐じり

[副](スル)《「ぢりぢり」とも表記》
ゆっくりとわずかずつ確実に進み迫ったり退いたりするさま。じわじわ。「首位にじりじり(と)迫る」
いらだたしい気持ちがつのって落ち着かなくなるさま。「なかなか電車が来なくてじりじりする」
太陽が焼けつくように強く照りつけるさま。「真夏の太陽がじりじり(と)照りつける」
油などの焼ける音を表す。
「鰯の油が―と垂れて青い焔が立った」〈長塚
ベルなどの鳴る音を表す。「始業のベルがじりじり(と)鳴る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じりじり

( 副 ) スル
ある一定の方向に、ゆっくりとではあるが確実に動いていくさま。じわじわ。 「劣勢を-(と)盛り返す」 「 -(と)値上がりする」
待ち切れなくて、しだいにいらだつさま。また、そうすること。 「 -しながら待つ」
太陽が強く照りつけるさま。 「 -(と)照りつける真夏の太陽」
油や汗などが少しずつにじみ出してくるようす。 「 -(と)にじみ出る脂汗」
ベルなどが続いて鳴る音を表す語。
焼けにくいものが少しずつ焼ける音や、油でいためる音を表す語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

じりじりの関連キーワードクリーピング・インフレーション焼き付ける・焼付ける円(日本の貨幣単位)躙り寄る・躪り寄る米国の貧富の差食らひ詰め道浦母都子苛立たしいじわじわ躙り寄るじり押しじれじれ照付ける焦れ込む夏ばて後退り湧かす詰寄るじり貧油照り

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

じりじりの関連情報