コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じんわり ジンワリ

デジタル大辞泉の解説

じんわり

[副]
物事がゆっくりと少しずつ進行していくさま。「感謝の念がじんわり(と)湧き起こる」
汗や涙などが徐々ににじみ出てくるさま。「じんわり(と)目に涙が浮かぶ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じんわり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
物事がゆっくり確実に進むさま。 「胸に-(と)伝わってくる」
水分などが徐々にしみ出るさま。 「汗が-(と)にじむ」 「目頭が-(と)してくる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

じんわりの関連キーワードじわり目頭

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

じんわりの関連情報