じんわり(読み)ジンワリ

デジタル大辞泉の解説

じんわり

[副]
物事がゆっくりと少しずつ進行していくさま。「感謝の念がじんわり(と)湧き起こる」
汗や涙などが徐々ににじみ出てくるさま。「じんわり(と)目に涙が浮かぶ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんわり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
物事がゆっくり確実に進むさま。 「胸に-(と)伝わってくる」
水分などが徐々にしみ出るさま。 「汗が-(と)にじむ」 「目頭が-(と)してくる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

じんわりの関連情報