コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずるずる ズルズル

デジタル大辞泉の解説

ずる‐ずる

《「づるづる」とも表記》
[副]
重い物や長い物をゆっくり引きずるさま。「大きな荷物をずるずる(と)引きずる」
少しずつ滑り落ちたり、後退したりするさま。「雪の斜面をずるずる(と)滑り落ちる」
物事の決まりをつけないさま。「ずるずる(と)返事を延ばす」
音を立てて汁を飲んだり、鼻汁をすすったりするさま。また、その音を表す語。「スープをずるずる(と)飲む」「洟(はな)をずるずる(と)すすりあげる」
[形動]しまりのないさま。物事にだらしのないさま。「痩せてズボンがずるずるになる」
「その児が生れた時分から今日まで―に改めずに」〈谷崎蓼喰ふ虫
[アクセント]ルズル、はズルズル

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ずるずる

〔古くは「づるづる」とも表記〕
[1] ( 副 )
物が引きずられたり、滑り落ちたりするさま。持ちこたえられなくて崩れるさま。 「帯を-(と)引きずる」 「 -(と)後退して土俵を割る」
汁などを音を立てて吸いこむさま。また、その音を表す語。 「洟はなを-(と)すする」
しまりのないさま。けじめやきまりをつけないで、好ましくない状態が続くさま。 「 -(と)居続ける」 「届けを-(と)延ばす」
[0] ( 形動 )
しまりのないさま。きまりがつかずそのままの状態が続くさま。 「帯がゆるんで-になる」 「貴下あなたに未練があつて一緒に-になつてゐるやうに思はれるのが辛い/別れたる妻に送る手紙 秋江

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ずるずるの関連キーワード「寝たきり」にならないための7つの方策太平洋戦争(第二次世界大戦)浮雲(林芙美子の小説)ずるずるべったり第2次世界大戦のんべんぐらりシュニーマンナマケグマ子を貸し屋アクセントぬるぬる日中戦争ずり込むズボン御摩り山野海時分斜面鼻汁物事

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ずるずるの関連情報