ずるずる(読み)ズルズル

デジタル大辞泉の解説

ずる‐ずる

《「づるづる」とも表記》
[副]
重い物や長い物をゆっくり引きずるさま。「大きな荷物をずるずる(と)引きずる」
少しずつ滑り落ちたり、後退したりするさま。「雪の斜面をずるずる(と)滑り落ちる」
物事の決まりをつけないさま。「ずるずる(と)返事を延ばす」
音を立てて汁を飲んだり、鼻汁をすすったりするさま。また、その音を表す語。「スープをずるずる(と)飲む」「洟(はな)をずるずる(と)すすりあげる」
[形動]しまりのないさま。物事にだらしのないさま。「痩せてズボンがずるずるになる」
「その児が生れた時分から今日まで―に改めずに」〈谷崎蓼喰ふ虫
[アクセント]ルズル、はズルズル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずるずる

〔古くは「づるづる」とも表記〕
[1] ( 副 )
物が引きずられたり、滑り落ちたりするさま。持ちこたえられなくて崩れるさま。 「帯を-(と)引きずる」 「 -(と)後退して土俵を割る」
汁などを音を立てて吸いこむさま。また、その音を表す語。 「洟はなを-(と)すする」
しまりのないさま。けじめやきまりをつけないで、好ましくない状態が続くさま。 「 -(と)居続ける」 「届けを-(と)延ばす」
[0] ( 形動 )
しまりのないさま。きまりがつかずそのままの状態が続くさま。 「帯がゆるんで-になる」 「貴下あなたに未練があつて一緒に-になつてゐるやうに思はれるのが辛い/別れたる妻に送る手紙 秋江

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ずるずるの関連情報