ずるずる(読み)ズルズル

デジタル大辞泉の解説

ずる‐ずる

《「づるづる」とも表記》
[副]
重い物や長い物をゆっくり引きずるさま。「大きな荷物をずるずる(と)引きずる」
少しずつ滑り落ちたり、後退したりするさま。「雪の斜面をずるずる(と)滑り落ちる」
物事の決まりをつけないさま。「ずるずる(と)返事を延ばす」
音を立てて汁を飲んだり、鼻汁をすすったりするさま。また、その音を表す語。「スープをずるずる(と)飲む」「洟(はな)をずるずる(と)すすりあげる」
[形動]しまりのないさま。物事にだらしのないさま。「痩せてズボンがずるずるになる」
「その児が生れた時分から今日まで―に改めずに」〈谷崎蓼喰ふ虫
[アクセント]ルズル、はズルズル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずるずる

〔古くは「づるづる」とも表記〕
[1] ( 副 )
物が引きずられたり、滑り落ちたりするさま。持ちこたえられなくて崩れるさま。 「帯を-(と)引きずる」 「 -(と)後退して土俵を割る」
汁などを音を立てて吸いこむさま。また、その音を表す語。 「洟はなを-(と)すする」
しまりのないさま。けじめやきまりをつけないで、好ましくない状態が続くさま。 「 -(と)居続ける」 「届けを-(と)延ばす」
[0] ( 形動 )
しまりのないさま。きまりがつかずそのままの状態が続くさま。 「帯がゆるんで-になる」 「貴下あなたに未練があつて一緒に-になつてゐるやうに思はれるのが辛い/別れたる妻に送る手紙 秋江

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ずる‐ずる

(「づるづる」とも表記した)
[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 液体を吸ったりすすったりする音を表わす語。
※咄本・鹿の子餠(1772)海鼠腸「御肴に今出すこのわた、料理人お風味をするとて、ずるずるとのむところ」
② しまりなく物を引きずるさま、物が徐々にすべり動くさま、また、その音を表わす語。
※随筆・驢鞍橋(1660)下「張合なくずるずると引入やうに体もなく覚ゑり」
※南小泉村(1907‐09)〈真山青果〉七「紺絣の着物を裾長くズルズルと着て」
③ 態度、様子、気持などがしまりのないさま、きちんとしたけじめがつかずにそのままの状態が続くさま、また、けじめをつけずにそのままの状態を続けるさまを表わす語。
※絅斎先生敬斎箴講義(17C末‐18C初)「目に移て、ずるずると蕩て、どうやらしたことで斯(かふ)成ったと謂やうに失ふてくるぞ」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「同輩の乱暴を牽制するでも無く、ずるずる傍観者で居たのは、〈略〉実に男らしく無い仕打で」
[2] 〘形動〙
① 態度、様子、気持などがしまりのないさま。きちんとけじめをつけず、そのままの状態で時をすごすさま。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「女房のお政は、お摩りからずるずるの後配(のちぞひ)
② ふぞろいであるさま。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ずるずるの関連情報