小劫(読み)ショウコウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐こう〔セウコフ〕【小×劫】

仏語。きわめて長い時間をいう単位。人間の寿命が8万歳から100年ごとに1歳を減じて10歳になるまでの間、または10歳から100年ごとに1歳を増して8万歳になるまでの間。また、両者を合わせて一小ともする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうこう【小劫】

〘仏〙 きわめて長い時間の単位。具体的には諸説あって一定しない。 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐こう セウコフ【小劫】

〘名〙 仏語。人間の寿命が八万歳から一〇〇年ごとに一歳ずつ減っていき、一〇歳になるまでの間。また、一〇歳から百年ごとに一歳ずつ増えていき、八万歳になるまでの間。一説にこれを中劫といい、また、別の説では中劫は二小劫よりなるという。
※水鏡(12C後)上「人の命の八万歳ありしが、百年といふに一年の命のつづまりつづまりして、十歳になるを一の小劫とは申す也」 〔隋書‐経籍志・四・仏経

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android