コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小原鉄心 おはら てっしん

3件 の用語解説(小原鉄心の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小原鉄心

幕末・明治の岐阜大垣藩士。名は忠寛、字は栗卿。藩主三代に仕えて藩政を主導。また戊辰戦争に際しては藩を勤王に導く。維新後は大垣藩大参事となる。明治5年(1872)歿、56才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小原鉄心 おはら-てっしん

1817-1872 幕末-明治時代の武士。
文化14年11月3日生まれ。美濃(みの)(岐阜県)大垣藩士。斎藤拙堂にまなぶ。天保(てんぽう)13年城代となり,以後3代の藩主につかえる。戊辰(ぼしん)戦争では,一時幕府軍にしたがった藩を新政府に帰順させた。明治5年4月15日死去。56歳。名は忠寛。字(あざな)は栗卿。通称は二兵衛。別号に是水,酔逸。著作に「改革十則」「錬卒訓語」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小原鉄心

没年:明治5.4.15(1872.5.21)
生年:文化14.11.3(1817.12.10)
幕末の大垣藩(岐阜県)藩士。忠行の長子。名は忠寛。天保13(1842)年家督を相続,藩政改革を担当。文久3(1863)年上洛,翌元治1(1864)年7月の禁門の変に当たって福原越後の率いる長州藩兵を伏見に追撃。明治1(1868)年1月3日新政府の参与に任命された。時に大垣藩は旧幕府軍に参加していて,子の兵部は先鋒として淀にある。かかる状況下,大垣に帰り藩論を新政府帰順に統一。新政府に登用され参与,御親征行幸御用掛,会計官判事,同2年大垣藩大参事。病を重くして官を辞し没した。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小原鉄心の関連キーワード戸田氏庸磯貝静蔵岩瀬尚庵小原適高岡夢堂戸田氏西戸田氏彬戸田氏信宮崎荊口宮崎此筋

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小原鉄心の関連情報