コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小塚秀得 こづか ひでのり

2件 の用語解説(小塚秀得の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小塚秀得 こづか-ひでのり

1785-1859 江戸時代後期の武士,植林家。
天明5年生まれ。加賀(石川県)大聖寺(だいしょうじ)藩士。藩に植林の重要性を説き,文政7年(1824)植物方奉行に任命される。領内の日本海海岸に39年間で約35万本の松をうえ,防風林をつくった。安政6年12月死去。75歳。本姓は山本。通称は藤十郎。号は清風。編著に「加賀江沼志稿」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小塚秀得

没年:安政6.12(1859)
生年:天明5(1785)
江戸後期,加賀国(石川県)大聖寺藩士。藩の殖産政策に尽くし地誌『江沼志稿』を独力で完成させた篤学。通称藤十郎。山本新五左衛門の3男に生まれ,小塚藤蔵の養子となる。禄130石。殖産の一環として樹木栽培奨励を献策し,文政7(1824)年植物方奉行に任命され,引き続き松奉行,用水奉行,産物方引請などの職に就き,土質調査,植樹督励に従事,林業の育成に尽力した。天保初年藩主前田利之の命によって『江沼志稿』編纂に従事。その後藩主の交代などにより中断したが弘化1(1844)年,秀得は独力でこれを仕上げた。<参考文献>『大聖寺藩史』『加能郷土辞彙』

(木越隆三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小塚秀得の関連キーワード大江知言東方雙岳加賀大聖寺山中後藤才次郎一庭啓二井上蘭沢坪川文八西尾治郎作

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone