コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗駒 くりこま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栗駒
くりこま

宮城県北部,栗原市北部の旧町域。岩手県に隣接する。 1955年岩ヶ崎町 (1889年町制) と尾松 (おまつ) 村,鳥矢崎 (とやさき) 村,文字 (もんじ) 村,栗駒村の4村が合体して栗駒町が成立。 2005年築館町,若柳町,高清水町,一迫町,瀬峰町,鶯沢町,金成町,志波姫町,花山村と合体して栗原市となった。栗駒山 (1626m) の南東麓に広がり,中心地区の岩ヶ崎は三迫川に沿う谷口集落として発展し,もと四日市といわれた市場町。仙台藩時代は城下町で,その遺構は町割の姿に残っている。かつては馬市で有名であった。畜産,イワナの養殖が行なわれる。栗駒山麓一帯は栗駒国定公園に属し,世界谷地原生花園駒ノ湯温泉 (→栗駒五湯 ) がある。三迫川上流に灌漑・洪水調節用の栗駒ダムがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

くりこま【栗駒】

宮城県北西部、栗原市の地名。栗駒山南東斜面と山麓の町。旧城下町。栗駒国定公園に属し、駒湯・新湯などの温泉がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栗駒
くりこま

宮城県北部、栗原郡にあった旧町名(栗駒町(まち))。現在は栗原市の中北部を占める地域。旧栗駒町は、1955年(昭和30)岩ヶ崎(いわがさき)町と尾松(おまつ)、鳥矢崎(とやさき)、文字(もんじ)、栗駒の4村が合併して成立。2005年(平成17)築館(つきだて)、若柳(わかやなぎ)、高清水(たかしみず)、一迫(いちはさま)、瀬峰(せみね)、鶯沢(うぐいすざわ)、金成(かんなり)、志波姫(しわひめ)の8町および花山(はなやま)村と合併して市制施行し、栗原市となった。国道457号が通じる。JR東北本線石越(いしこし)駅に通じていた、くりはら田園鉄道は2007年に廃止された。栗駒山南東麓(ろく)に位置し、栗駒山に発する三迫(さんのはさま)川、二迫(にのはさま)川の流域を占める。山がちで林業が盛んである。農業は米作が中心で、肉用牛や野菜などの複合経営も行われている。中心の岩ヶ崎は、藩政期は仙台藩伊達(だて)氏の一家格の城下で、その遺構は道路割に残っている。また三迫川の谷口集落でもあり、中世には四日市として市場町が発達していた。近世には馬市が名高く、現在でもその名残(なごり)として互市(たがいち)がある。栗駒ダムは迫川の河水統制を図る。栗駒山一帯は国定公園で、ニッコウキスゲの群生で知られる世界谷地(やち)や新湯(しんゆ)の温泉がある。[青柳光太郎]
『『栗駒町誌』(1963・栗駒町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

栗駒の関連キーワード秋田県雄勝郡東成瀬村温湯温泉(宮城県)まんさくの花東成瀬(村)夏油[温泉]須川[温泉]大沼 かねよ胆沢〈町〉栗駒温泉郷小安峡温泉一迫[町]雄勝[町]和賀〈町〉栗原[市]太陽の花稲庭沢目神室山地須川温泉正藍冷染駒ヶ岳

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栗駒の関連情報