コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗駒国定公園 くりこまこくていこうえん

6件 の用語解説(栗駒国定公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栗駒国定公園
くりこまこくていこうえん

宮城県北西部の栗駒山 (1627m) を中心として,岩手県秋田県山形県の4県に広がる火山,温泉,渓谷,高山植物などを対象とした自然公園。面積 771.22km2。 1968年指定。焼石岳栗駒山,虚空蔵山,須金岳,神室山,大鏑山,禿岳 (小鏑山) ,小柴山,大柴山を経て花淵山まで南北約 65km,東西約 47kmにわたり,火山群峰,カルデラなどが対象。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くりこま‐こくていこうえん〔‐コクテイコウヱン〕【栗駒国定公園】

岩手・秋田・宮城・山形の4県にまたがる山岳国定公園栗駒山および焼石(やけいし)岳を中心とする一帯からなる。温泉や峡谷が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

栗駒国定公園【くりこまこくていこうえん】

岩手・宮城・秋田・山形4県にまたがる山岳国定公園。面積771.22km2。1968年指定。焼石岳を主とする焼石火山群と夏油(げとう)温泉,栗駒山を主とする栗駒火山群と栗駒五湯須川温泉,神室(かむろ)山と秋ノ宮温泉郷荒雄岳と鬼首(おにこうべ)温泉群などを含み,高山植物や湿原植物の群落,温泉に富む。
→関連項目雄勝[町]栗駒[町]宮城[県]湯沢[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

くりこまこくていこうえん【栗駒国定公園】

栗駒山を中心とする国定公園。火山・温泉・渓谷・原生林に恵まれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県(岩手県・宮城県・山形県)〕栗駒国定公園(くりこまこくていこうえん)


東北地方の中央部、奥羽(おうう)山脈中部にある山岳国定公園。秋田・岩手・宮城・山形の4県にまたがり、焼石(やけいし)岳・栗駒山一帯・鬼首(おにこうべ)カルデラの3地域からなる。面積7万7122ha。1968年(昭和43)指定。火山・湖沼・渓谷などの自然景観と豊富な温泉が特徴。ブナなどの原生林、高山・湿原植物群落がある。夏油(げとう)温泉の石灰華ドームは特別天然記念物。秋ノ宮(あきのみや)温泉郷・栗駒温泉郷・鳴子(なるこ)温泉郷などの行楽地がある。2008年(平成20)6月の岩手・宮城内陸地震の震源地が近接しており、道路網やホテル・旅館などの観光施設に大きな被害が発生したが、官民の協力により復興事業が進められている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栗駒国定公園
くりこまこくていこうえん

秋田、岩手、宮城、山形の4県にまたがる国定公園。複式コニーデ型の栗駒山(1626メートル)を中心にした地域と、その北方の焼石(やけいし)岳(1547メートル)を加えた区域で、1968年(昭和43)の指定。面積771.22平方キロメートル。栗駒山を中心とした地域は、高松岳、虎毛(とらげ)山、荒雄(あらお)岳、禿(かむろ)岳、神室(かむろ)山の山々、須川湖、昭和湖、田螺(つぶ)沼、桁倉(けたくら)沼、苔(こけ)沼などの湖沼、鳴子(なるこ)峡、小安(おやす)峡の峡谷がある。栗駒山頂からの眺望は、東に太平洋、北に秋田駒、岩手山、西に鳥海山、南西から南方にかけ出羽(でわ)三山と蔵王(ざおう)連峰が望まれる。宮城県側に鳴子温泉郷、栗駒五湯、秋田県側に秋ノ宮温泉郷、岩手・秋田両県にまたがる須川温泉など多くの温泉にも恵まれる。焼石岳地区は、牛形山、駒ヶ岳、経塚(きょうづか)山のいわゆる夏油(げとう)三山のほか、特別天然記念物の石灰華のある夏油温泉や尿前(しとまえ)渓谷がある。また両地域とも高山植物の豊富なことで知られる。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の栗駒国定公園の言及

【岩手[県]】より

…その中でも岩手山(2041m)は南部富士ともいわれる円錐状火山で,付近に多くの温泉が湧出し,松川地熱発電所(2万kW),葛根田(かつこんだ)地熱発電所(5万kW)などもあり,北東北(きたとうほく)の観光の中心地となっている。南部は栗駒山と焼石岳を結ぶ栗駒国定公園で,須川(すかわ),夏油(げとう)などの温泉をもつ山岳公園が広がる。奥羽山脈を東西に横切る交通は,今では白木峠近くに秋田自動車道,国道107号線とJR北上線が走り,米代川に沿って花輪線,東北自動車道,仙岩峠をこえる秋田新幹線(田沢湖線)が通じている。…

【栗駒山】より

…山腹はブナ,ホオの原生林に覆われており,山中には世界谷地,名残ヶ原,竜泉ヶ原などの湿地があって,湿原性高山植物の種類の豊かさは有名である。一帯は栗駒国定公園に指定され,北西の岩手県側の中腹,標高1100m付近には国民温泉の須川温泉,南の宮城県側山麓には栗駒五湯があり,ともに古くから湯治場として有名である。【水野 裕】。…

※「栗駒国定公園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

栗駒国定公園の関連キーワード奥羽山脈奥羽地方北上盆地東北地方奥羽大学奥羽仙台東北弁北東北南東北

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栗駒国定公園の関連情報