コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大湯温泉 おおゆおんせん

5件 の用語解説(大湯温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大湯温泉
おおゆおんせん

秋田県北東部,十和田湖の南にある温泉。鹿角市に属する。大湯川に沿って 2kmにわたり湧出。上町,下町に分れ,下町は段丘上の街村として古くから発達。泉質は食塩泉,硫黄泉。泉温 73℃前後。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大湯温泉
おおゆおんせん

新潟県南東部,魚沼市にある温泉。越後三山駒ヶ岳北麓,魚野川の支流佐梨川の渓谷に位置する。泉質は単純泉,食塩泉。泉温は 57℃。胃腸病に効能があるといわれる。静かな湯治場であったが,1952年以後の奥只見の電源開発観光開発に伴って近代化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおゆ‐おんせん〔おほゆヲンセン〕【大湯温泉】

秋田県鹿角(かづの)市にある温泉。泉質は塩化物泉。付近に大湯環状列石がある。大湯。
秋田県湯沢市にある温泉。一軒宿のみが営業。泉質は硫黄泉
新潟県魚沼市にある温泉。泉質は単純温泉。奥只見観光の基地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおゆおんせん【大湯温泉】

秋田県北東部、鹿角かづの市にある温泉。十和田湖観光の一基点。近くに縄文後期の遺跡とされる大湯環状列石がある。
新潟県中東部、魚沼市にある単純泉。只見川上流の奥只見湖や尾瀬探勝の基地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕大湯温泉(おおゆおんせん)


秋田県鹿角(かづの)市北部にわく静養向きの温泉。十和田(とわだ)カルデラの南麓(なんろく)にある。十和田湖観光の南西側の玄関口。南西に国特別史跡の大湯環状列石(かんじょうれっせき)がある。ナトリウム塩化物泉。泉温73℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大湯温泉の関連キーワード金秋秋耕白菊野菊晩秋オトメン(乙男)〜秋〜四季劇場[春]・[秋]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大湯温泉の関連情報