コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小宮山楓軒 コミヤマフウケン

3件 の用語解説(小宮山楓軒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こみやま‐ふうけん【小宮山楓軒】

[1764~1840]江戸後期の儒学者・民政家。常陸(ひたち)の人。名は昌秀。通称、次郎右衛門。立原翠軒に師事し、彰考館員となり、農政・歴史に通じた。著「農政座右」「垂統大記」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小宮山楓軒 こみやま-ふうけん

1764-1840 江戸時代中期-後期の武士,儒者。
明和元年生まれ。小宮山東湖の長男。常陸(ひたち)水戸藩士。立原翠軒(たちはら-すいけん)にまなび,彰考館で「大日本史」の編修に従事。寛政11年郡(こおり)奉行となり,植林をすすめるなど窮乏する農村の救済につくす。のち町奉行,側用人をつとめた。天保(てんぽう)11年3月2日死去。77歳。名は昌秀。字(あざな)は子実。通称は次郎衛門,造酒之介。編著に「農政座右」「水府志料」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

こみやまふうけん【小宮山楓軒】

1764~1840) 江戸後期の儒者。名は昌秀。水戸藩士。立原翠軒に学ぶ。「大日本史」、常陸の史書・地誌の編纂に努め、農政にも功績があった。会沢正志斎らの藩政改革に対立した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小宮山楓軒の言及

【小宮山昌秀】より

…江戸後期の水戸藩の学者,民政家。通称は次郎右衛門,のち楓軒と号した。1783年(天明3)彰考館に入り,16年間《大日本史》編纂に尽力。99年(寛政11)南郡の郡奉行に抜擢されて以後は民政に当たること21年の長きに及び,殖産勧農の策を実施して窮乏する農村の救済に顕著な成果をあげた。《垂統大記》《水府志料》《楓軒文書纂》など農政・歴史に関する編著も多い。【鈴木 暎一】…

※「小宮山楓軒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小宮山楓軒の関連キーワード羅城石川侃斎鵜飼図南川田喬遷児島新七再賀三鍼珠雀斎樗雲渡辺東河

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone