コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小宮山楓軒 コミヤマフウケン

デジタル大辞泉の解説

こみやま‐ふうけん【小宮山楓軒】

[1764~1840]江戸後期の儒学者・民政家。常陸(ひたち)の人。名は昌秀。通称、次郎右衛門。立原翠軒に師事し、彰考館員となり、農政・歴史に通じた。著「農政座右」「垂統大記」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小宮山楓軒 こみやま-ふうけん

1764-1840 江戸時代中期-後期の武士,儒者。
明和元年生まれ。小宮山東湖の長男。常陸(ひたち)水戸藩士。立原翠軒(たちはら-すいけん)にまなび,彰考館で「大日本史」の編修に従事。寛政11年郡(こおり)奉行となり,植林をすすめるなど窮乏する農村の救済につくす。のち町奉行,側用人をつとめた。天保(てんぽう)11年3月2日死去。77歳。名は昌秀。字(あざな)は子実。通称は次郎衛門,造酒之介。編著に「農政座右」「水府志料」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こみやまふうけん【小宮山楓軒】

1764~1840) 江戸後期の儒者。名は昌秀。水戸藩士。立原翠軒に学ぶ。「大日本史」、常陸の史書・地誌の編纂に努め、農政にも功績があった。会沢正志斎らの藩政改革に対立した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の小宮山楓軒の言及

【小宮山昌秀】より

…江戸後期の水戸藩の学者,民政家。通称は次郎右衛門,のち楓軒と号した。1783年(天明3)彰考館に入り,16年間《大日本史》編纂に尽力。99年(寛政11)南郡の郡奉行に抜擢されて以後は民政に当たること21年の長きに及び,殖産勧農の策を実施して窮乏する農村の救済に顕著な成果をあげた。《垂統大記》《水府志料》《楓軒文書纂》など農政・歴史に関する編著も多い。【鈴木 暎一】…

※「小宮山楓軒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小宮山楓軒の関連キーワード小川多左衛門(2代)会沢正志斎小宮山昌秀小宮山南梁本多利明鍋田晶山市毛幹規藩政改革大内玉江史書地誌儒者

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android