コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小寺玉晁 こでら ぎょくちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小寺玉晁 こでら-ぎょくちょう

1800-1878 江戸後期-明治時代の随筆家。
寛政12年5月18日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩の陪臣書画,香道,算術,狂歌,国学などをまなび,好事(こうず)家,雑学者として知られた。「尾張芝居雀」「見世物雑誌」「反古(ほご)袋」など150余の著作をのこす。明治11年9月26日死去。79歳。本名は広路。字(あざな)は好古別号に連城亭,随筆園。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小寺玉晁の言及

【見世物】より


【その記録と研究】
 見世物は庶民の身近な娯楽であったが,いわば〈芸術〉として認められなかったので,その記録は町の好事家(こうずか)の随筆などに散見するにすぎない。日本で最初のまとまった見世物の記録は,幕末名古屋の随筆家小寺玉晁(こでらぎよくちよう)(1800‐78)の《見世物雑志(ざつし)》5巻(1818‐42年の記録)で,次いで,小寺の記録を踏まえつつ,さらに捜索の資料を加えて分類の体系を与えようとした,大正期の朝倉無声(むせい)(1877‐1927。本名亀三)の《見世物研究》(1928刊)があるのみである。…

※「小寺玉晁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小寺玉晁の関連キーワード明治時代寄席落語

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android