陪臣(読み)バイシン

百科事典マイペディアの解説

陪臣【ばいしん】

又者(またもの),又家来とも。上級領主の直臣臣下。鎌倉時代に御内人(みうちびと)とよばれた北条得宗家の被官も将軍家からすれば陪臣となる。江戸時代の大名は直臣であるが,その家臣は禄が万石を超える者であっても将軍に対しては陪臣であり,直臣である旗本のほうが格式が高かった。旗本の家臣も陪臣といった。
→関連項目開成所軍艦操練所旗本

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ばいしん【陪臣】

臣下の臣。家来の家来。又家来。 ⇔ 直参
江戸時代、直参の旗本・御家人に対して、諸大名の家臣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陪臣
ばいしん

家来(けらい)の家来。又者(またもの)、又家来。直臣(じきしん)・直参に対することば。江戸時代には将軍からみて、諸大名・旗本の家臣をさし、幕府法令ではこの意味で使用される。ただし大名の家臣もまた家来をもつ者がおり、この家来は大名からみると家来の家来すなわち陪臣である。ことに有力外様(とざま)大名の上級家臣のなかには万石以上の者もおり、その家臣団は家老以下足軽に至るまで小大名と同規模の構成であり、この家老も数名の家来を抱えていた。この家来は将軍からみると、陪臣の陪臣のさらに陪臣となる。彼ら陪臣と直臣との間には、身分的に厳しい格差が設けられていた。こうした陪臣の存在は武家社会の重層的な身分階層秩序を物語るものである。それは石高(こくだか)制の下で武士が知行(ちぎょう)高相当の軍役を勤めるため、人数を召し抱えねばならず、平時にも供連れの人数で格式を示すという武家の存在形態に根ざしていた。
 陪臣のうち旗本の家来や下級奉公人は、近世初期の緊張状態が緩和され、武家が窮乏するにつれ一般的にしだいに減少する。大名の家来は新規召し抱え、分知などにより近世前期に増加の傾向をみせ、その後身分制の確定のなかで固定するが、近世後期には財政に逼迫(ひっぱく)した大名が、献金をした庶民を武士身分に取り立てる例もあった。[根岸茂夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ばい‐しん【陪臣】

〘名〙 (「陪」は重なる意)
① 臣下の、また臣。家来の家来。またげらい。はべるまちぎみ。⇔直参
※神皇正統記(1339‐43)下「後室の尼公陪臣の義時が世になりぬれば」 〔論語‐季氏〕
② 江戸時代、諸大名につかえた家臣。旗本・御家人を直参というのに対する語。
※集義和書(1676頃)一「陪臣の、国の君を主とすると同理なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の陪臣の言及

【直臣】より

…直参の武士の称。陪臣に対する。鎌倉時代,北条氏得宗家の被官は御内人(みうちびと)と呼ばれ,得宗の直臣ではあるが,将軍家からすれば陪臣となる。…

【大名】より

…また大名の家臣は,たとえ1万石以上であっても大名の資格を有しなかった。これを将軍の立場から陪臣(ばいしん)とよんだ。又者(またもの)あるいは又家来という意味である。…

※「陪臣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android