コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山杉渓 おやま さんけい

1件 の用語解説(小山杉渓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山杉渓 おやま-さんけい

1819-1896 江戸後期-明治時代の蘭学者。
文政2年生まれ。江戸昌平黌(しょうへいこう)で儒学をおさめ,のち箕作阮甫(みつくり-げんぽ)に蘭学をまなぶ。嘉永(かえい)5年越後(えちご)(新潟県)高田藩につかえ,藩校修道館でおしえた。「雷撃銃略記」などの砲術書を翻訳した。明治29年4月1日死去。78歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。名は尚陶。字(あざな)は猶存。別号に三逕。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山杉渓の関連キーワード深刻小説おらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄渡辺一閃緑岩粗粒玄武岩人情本

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone