コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山東助 おやま とうすけ

2件 の用語解説(小山東助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山東助 おやま-とうすけ

1879-1919 明治-大正時代の評論家,政治家。
明治12年11月24日生まれ。「毎日新聞」記者や早大講師をへて,大正2年関西学院文科長。文芸・社会評論で知られた。4年衆議院議員(当選2回,憲政会)。議員在職中「東京毎日新聞」主筆もつとめた。大正8年8月25日死去。41歳。宮城県出身。東京帝大卒。号は鼎浦(ていほ)。著作に「社会進化論」「光を慕ひて」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小山東助

没年:大正8.8.25(1919)
生年:明治12.11.24(1879)
明治大正期の思想家,政治家。号は鼎浦。宮城県気仙沼に生まれ,仙台の二高(東北大)に入学,そこで吉野作造と知り合う。文学に興味を持ち,またキリスト教に深く傾斜する。東京帝大哲学科に進学し,吉野や内ケ崎作三郎と共に生活する傍ら,島田三郎に私淑し政治への関心を強める。卒業後東京毎日新聞社に入社し,文学・思想・宗教・政治などの方面で論文を執筆,一時早稲田大学の講師も兼ねる。大正4(1915)年理想選挙を掲げて衆院選に出馬,当選する。高潔な人格とその才能で多くの期待を集めたが,若くして死去した。<参考文献>西田耕三『鼎浦小山東助の思想と生涯』

(季武嘉也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小山東助の関連キーワード狩野亨吉王夫之韓非尸子朱熹慎到申不害李贄思想家徳治思想

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone