コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島成斎 こじま せいさい

美術人名辞典の解説

小島成斎

幕末の書家・備後福山藩儒。名は親長・知足、通称は五一、字は子節、号は不惑道人・負丘山人。狩谷棭斎に師事する。文久2年(1862)歿、67才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島成斎 こじま-せいさい

1797*-1862 江戸時代後期の書家,儒者。
寛政8年12月10日生まれ。備後(びんご)(広島県)福山藩士。江戸で市河寛斎・米庵父子にまなぶ。嘉永(かえい)6年(1853)ロシアへの復書を清書する。のち狩谷棭斎(えきさい),松崎慊堂(こうどう)に師事し,古法帖や金石文を研究した。文久2年10月18日死去。67歳。名は知足(ちかたり)。字(あざな)は子節。通称は五一。別号に静斎。著作に「急就章文字考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone