コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島成斎 こじま せいさい

2件 の用語解説(小島成斎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小島成斎

幕末の書家・備後福山藩儒。名は親長・知足、通称は五一、字は子節、号は不惑道人・負丘山人。狩谷棭斎に師事する。文久2年(1862)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島成斎 こじま-せいさい

1797*-1862 江戸時代後期の書家,儒者。
寛政8年12月10日生まれ。備後(びんご)(広島県)福山藩士。江戸で市河寛斎・米庵父子にまなぶ。嘉永(かえい)6年(1853)ロシアへの復書を清書する。のち狩谷棭斎(えきさい),松崎慊堂(こうどう)に師事し,古法帖や金石文を研究した。文久2年10月18日死去。67歳。名は知足(ちかたり)。字(あざな)は子節。通称は五一。別号に静斎。著作に「急就章文字考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小島成斎の関連キーワード亀田厳楽梅沢敬典佐野東洲相馬寛斎秦星塢平井雅斎堀松碩三瓶信庵山地芙蓉吉田南陽

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone