コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松崎慊堂 まつざき こうどう

美術人名辞典の解説

松崎慊堂

江戸後期の儒者。程朱学派。掛川藩儒臣。肥後生。名は密、のち復、字は明復、通称を退蔵、慊堂は号、別号に当帰山人・木倉等。昌平黌出身。林述斎に学ぶ。天保15年(1844)歿、74才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

松崎慊堂【まつざきこうどう】

江戸末期の儒学(古学)者。名は復,字は明復。肥後(ひご)の人。江戸で林述斎に学び,同門に佐藤一斎があった。1802年遠州(えんしゅう)掛川藩に仕え,藩主の諮問(しもん)に応じたが,生国熊本藩の招きには応じなかった。
→関連項目大槻磐渓佐久間象山安井息軒

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松崎慊堂 まつざき-こうどう

1771-1844 江戸時代後期の儒者。
明和8年9月27日生まれ。農家の出で,はじめ仏門にはいるが,15歳のとき江戸にでて昌平黌(しょうへいこう),林述斎の家塾でまなぶ。享和2年遠江(とおとうみ)(静岡県)掛川藩の藩校教授となる。のち江戸目黒に石経山房をひらく。蛮社(ばんしゃ)の獄では門人渡辺崋山(かざん)の赦免のため奔走。天保(てんぽう)15年4月21日死去。74歳。肥後(熊本県)出身。名は密,復。字(あざな)は退蔵,明復。別号に益城。日記に「慊堂日暦」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松崎慊堂

没年:弘化1.4.21(1844.6.6)
生年:明和8.9.27(1771.11.3)
江戸後期の儒学者。掛川藩(静岡県)藩儒。名は復,字は明復,慊堂は号。肥後国益城郡北木倉村(熊本県御船町)の農家に生まれ,10歳のとき剃髪して僧になったが,15歳のとき儒学者になるために出奔して江戸に出た。浅草称念寺の僧の世話で林大学頭錦峯(信敬)の門人になり,すぐに頭角を現した。述斎(衡)が林家を継ぎ昌平黌の改革が行われると,その家塾で佐藤一斎と学才を競った。享和2(1802)年掛川藩主太田資俊に20人扶持で招かれ,次の資愛の代には藩校北門書院(徳造書院の前身)を開いて慊堂に教授させ,また藩政についての意見を徴した。文化8(1811)年,朝鮮通信使対馬来聘の際には林述斎の依頼で応接に当たった。掛川藩に10年仕えたのち,致仕して江戸西郊の羽沢(渋谷区広尾)に隠居して晩年の23年間を過ごした。天保13(1842)年,幕府から表彰を受け,将軍家慶に謁見を賜った。慊堂の学は初め朱子学を奉じていたが,50歳のころから漢学(漢代の儒学)に改め,後世の煩瑣な注釈を排して経書の本文を理解することを唱え,経書本文の校訂出版に尽力した。特に唐の開成石経に校訂を加えて出版する事業に取り組み,天保12年に完成した。著書には文集『慊堂遺文』2巻のほか,日記『慊堂日暦』24巻などがある。温厚誠実な人柄で,蛮社の獄(1839)の際に,門人であった渡辺崋山のために自らの危険を顧みず,病をおして助命嘆願書を書いたことは有名である。<参考文献>五弓久文編『事実文編』57巻,高野白哀『大儒松崎慊堂』

(梅澤秀夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつざきこうどう【松崎慊堂】

1771‐1844(明和8‐弘化1)
江戸後期の儒学者。名は復,字は明復,慊堂は号。肥後益城郡木倉村の農家に生まれる。はじめ僧となったが15歳のとき儒を志し江戸へ出奔,昌平黌に入り,のち林述斎の家塾で学ぶ。1802年(享和2)掛川藩儒となり,藩主の政治上の諮問にも応じた。生国熊本藩から招かれたが固辞し,14年(文化11)致仕し,江戸城西の羽沢村に山荘,石経山房を営み,子弟教育と漢学研究に任じた。学問は広く,少壮期は程朱を奉じたが,50歳ごろからは一家に偏せず経書の研究・校刊につとめた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まつざきこうどう【松崎慊堂】

1771~1844) 江戸後期の儒者。肥後の人。名は復、字あざなは明復。林述斎に入門、のち掛川藩儒。漢・唐の注疏の考証研究に専念し、「縮刻唐石経」を完成。蛮社の獄に際しては門人渡辺崋山の赦免に奔走。晩年の日記「慊堂日暦」がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松崎慊堂
まつざきこうどう

[生]明和8(1771).9.28. 肥後
[没]天保15(1844).4.21.
江戸時代後期の儒学者。名は密,復。字は退蔵,明復。益城,慊堂と号した。農家に生れ,11歳の頃真宗寺の小僧にされたが 13歳で出奔し上京,浅草の称念寺に身を寄せた。住職の好意で昌平黌に入学,林述斎の塾生となり,同門の佐藤一斎と切瑳した。享和2 (1802) 年掛川藩教授。郷里肥後の細川藩よりの招聘を固辞。蛮社の獄に際し門人渡辺崋山の赦免運動に力を尽した。著書『慊堂全集』 (28巻,17冊) のほか『残叢小話』『慊堂日暦』『海録砕事』など。渡辺崋山による肖像が残されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松崎慊堂
まつざきこうどう
(1771―1844)

江戸後期の儒者。肥後(熊本県)の農家の生まれ。父の望みで真宗(しんしゅう)寺の小僧となったが、江戸に出奔し、昌平黌(しょうへいこう)で学ぶ。佐藤一斎(さとういっさい)はその学友。32歳から45歳まで掛川(かけがわ)藩藩校教授を勤めたのち、江戸・目黒の羽沢村に「石経(せきけい)山房」を築いて隠居した。経義に精通し、詩文に長じた考証学の泰斗。蛮社(ばんしゃ)の獄に際しては、門人であった渡辺崋山(わたなべかざん)のために奔走した。塩谷宕陰(しおのやとういん)、安井息軒(やすいそくけん)はその弟子。『慊堂全集』『慊堂先生遺墨(いぼく)』『残叢(ざんそう)小話』『遊豆(ゆうず)小志』『遊東陬録(すうろく)』『海録砕事(さいじ)』『慊堂日暦』『審定石経十三経三十二本』その他多くの著作がある。[源 了圓]
『『慊堂日暦』全6巻(1970~1983・平凡社・東洋文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

松崎慊堂 (まつざきこうどう)

生年月日:1771年9月27日
江戸時代後期の儒学者;遠江掛川藩儒
1844年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

松崎慊堂の関連キーワード池尻茂左衛門経籍訪古誌佐々木中沢掛川[市]白井佐一郎大久保要宮原蒼雪塩谷簣山田中芹坡市野光彦曾我耐軒市野迷庵木村重任戸塚静海狩谷棭斎小島成斎津田金平太田資愛太田資始生年月日

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android