コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市河寛斎 いちかわ

美術人名辞典の解説

市河寛斎

江戸中・後期漢学者漢詩人。上野生。市河蘭台の子、市河米庵の父。名は世寧、字を子静・嘉祥別号に半江・江湖詩老等。初め父蘭台につき、ついで、関松窓大内熊耳に学ぶ。昌平黌の学員長となり、天明7年には江湖詩社を設立。柏木如亭菊池五山を教え、写実的な新詩風を確立した。越中富山藩藩校広徳館の教授を務めた。細井平洲・井上金蛾等交流も広い。著書に『日本詩紀』などがある。文政3年(1820)歿、72才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いちかわ‐かんさい〔いちかはクワンサイ〕【市河寛斎】

[1749~1820]江戸後期の儒学者・漢詩人。上野(こうずけ)の人。名は世寧、字(あざな)は子静。昌平坂学問所に学び、富山藩校教授となった。著「日本詩紀」「全唐詩逸」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市河寛斎 いちかわ-かんさい

1749-1820 江戸時代中期-後期の漢詩人。
寛延2年6月16日生まれ。市川蘭台の子。上野(こうずけ)(群馬県)の人。江戸の昌平黌(しょうへいこう)の学員長となる。天明7年(1787)神田に江湖詩社をおこす。柏木(かしわぎ)如亭,菊池五山らにおしえ,写実的な新詩風を確立する。越中富山藩にまねかれ,藩校広徳館の教授をつとめた。文政3年7月10日死去。72歳。名は世寧。字(あざな)は子静。別号に半江,江湖詩老。著作に「日本詩紀」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いちかわかんさい【市河寛斎】

1749‐1820(寛延2‐文政3)
江戸後期の儒者,漢詩人。上野(こうずけ)の人。名は世寧。字は子静。通称は小左衛門。寛斎は号。早くから江戸に出て昌平黌に学び,朱子学を修めた。1791年(寛政3)富山藩に儒官として抱えられ,1811年(文化8)までその職にあってしばしば富山に赴いたが,儒者としての業績にとくに見るべきものはない。文学的な資質に恵まれ,漢詩人としての活動に本領があった。昌平黌に学んでいた時分には,古文辞派擬古主義の影響を強く受けて,その詩風の詩人としてすでに一家をなしていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いちかわかんさい【市河寛斎】

1749~1820) 江戸後期の儒者・漢詩人。上野こうずけの人。昌平黌しようへいこうに学び、のちに員長を務めた。辞任後、富山藩校教授を務めるかたわら、江戸に江湖詩社を開き、漢詩壇に新風を興した。著「日本詩紀」「全唐詩逸」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市河寛斎
いちかわかんさい

[生]寛延2(1749).上野,甘楽
[没]文政3(1820).7.10. 江戸
江戸時代後期の漢詩人。名,世寧。字,子静。昌平坂学問所に学び,のちに学員長に補せられたが,5年後病のため辞し,富山侯に仕えた。さらに江戸に江湖社を開いて多くの俊秀を育てた。博学で詩才があり,初め中国晩唐の詩を学び,のちに陸游 (りくゆう) の清新な詩を尊んだ。『日本詩紀』 (刊年未詳) ,『全唐詩逸』 (1804) を編み,『寛斎先生遺稿』『随園詩鈔』など著書多数。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市河寛斎
いちかわかんさい
(1749―1820)

江戸後期の儒学者、漢詩人。姓は市川とも書く。名は世寧、字(あざな)は子静(または嘉祥(かしょう))、号は寛斎のほか江湖詩老など。上野(こうずけ)(群馬県)の人。15歳で江戸に遊学、28歳のころ昌平黌(しょうへいこう)に入り、5年間学員長を務めた。1790年の寛政(かんせい)異学の禁を批判し、42歳のとき昌平黌を追われた。その後、生活は苦しく妻子は飢えに泣くという窮状にたった。43歳で富山藩校の教授となり、掛川藩世子の侍講を兼ねる。富山藩に仕えること20年余、63歳で辞任した。
 漢詩人としては、40歳ころに神田お玉が池(東京都千代田区)に江湖(こうこ)詩社を結成した。その詩論は幾度も変わり、終わりには反古文辞を基調としながらその長所はとり、宋詩(そうし)を鼓吹し、性霊説(せいれいせつ)を主張した。僧元政(げんせい)、釈六如(りくにょ)の系統を継ぐものである。『寛斎先生遺稾(いこう)』5巻、『寛斎摘草』4巻、『全唐詩逸』3巻(編)、『日本詩紀』53巻(編)などの編著がある。[松下 忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

市河寛斎 (いちかわかんさい)

生年月日:1749年6月16日
江戸時代中期;後期の漢詩人;儒者;越中富山藩士
1820年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の市河寛斎の言及

【漢詩文】より

…理論面の代表者は山本北山で,擬古主義を模擬剽窃(ひようせつ)として激しく攻撃した。実作面を代表するのが,市河寛斎とその門人たち,大窪詩仏柏木如亭などであって,彼らは日常的な素材,詩情に富む宋詩の影響のもとに,近世人の生活感情を的確にとらえた新しい詩風を示した。ここに,漢詩文は日本の風土に完全に根づき,近世文学の一分野として定着した。…

【日本詩紀】より

…漢詩集。市河寛斎編。1788年(天明8)ころ成立。…

※「市河寛斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

市河寛斎の関連キーワード知不足斎叢書児島大梅菅谷帰雲市河三喜市野光彦海野蠖斎小島成斎草場佩川生年月日宮沢雲山市野迷庵松浦篤所鏑木雲潭山村才助鳥海松亭大窪詩仏江湖社繁昌記新風市河

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android