コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川泰山 おがわ たいざん

1件 の用語解説(小川泰山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川泰山 おがわ-たいざん

1769-1785 江戸時代中期の儒者。
明和6年5月2日生まれ。小川顕道(あきみち)の子。相模(さがみ)(神奈川県)から江戸にでて大田錦城,山中天水らとともに山本北山にまなび,泰山(相模大山)の奇童とよばれる。天明5年5月22日,17歳で早世。8年「泰山遺説(経子考証)」が刊行された。のち日本最年少の儒者といわれた。名は信成。字(あざな)は誠甫。通称は藤吉郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小川泰山の関連キーワード入江正雄植村棋園窪井鶴汀後藤厚甫竹内長水滕元鳳二階堂慎叟丹羽雲気原雲沢深尾滄浪

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone