コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川泰山 おがわ たいざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川泰山 おがわ-たいざん

1769-1785 江戸時代中期の儒者。
明和6年5月2日生まれ。小川顕道(あきみち)の子。相模(さがみ)(神奈川県)から江戸にでて大田錦城,山中天水らとともに山本北山にまなび,泰山(相模大山)の奇童とよばれる。天明5年5月22日,17歳で早世。8年「泰山遺説(経子考証)」が刊行された。のち日本最年少の儒者といわれた。名は信成。字(あざな)は誠甫。通称は藤吉郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小川泰山の関連キーワードヘルダーコンドルセベルトレオールドタウンクレメンス13世クレメンス14世ナポレオン[1世]池田澄時コンドルセスールト

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone