小引(読み)ショウイン

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐びき【小引】

〘名〙
① 矢を射るのに弓を小さく引くこと。弱めにひきしぼること。
義経記(室町中か)四「忠信が大雁股(かりまた)を差矧(さしは)げて、余すまじとて、下り矢先にこびきに引きて差当てたる」

しょう‐いん セウ‥【小引】

〘名〙 短い序文。小序。
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「西洋事情巻之一 小引」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の小引の言及

【大鋸】より

…大鋸の出現は製板および木材加工技術に一大革新をもたらしたが,大型であるため鋸身の製法が難しく,一般に入手困難であったらしい。15世紀ころには,大鋸引,小引(木挽)という材木加工の工匠が現れてくる。16世紀後半になって,刃渡りの短い一人びきの前びき大鋸(別名,木挽鋸)が現れ,明治半ばに製材機械が普及するまで,主要製板用の鋸となった。…

※「小引」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小引の関連情報