コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小杉一笑 こすぎ いっしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小杉一笑 こすぎ-いっしょう

1653-1688 江戸時代前期の俳人。
承応(じょうおう)2年生まれ。加賀金沢の茶商。高瀬梅盛(ばいせい)の門人松尾芭蕉(ばしょう)に傾倒し,貞享(じょうきょう)4年蕉門の江左尚白(こうさ-しょうはく)が編集した「孤松(ひとつまつ)」に190句余が収録された。元禄(げんろく)元年12月6日死去。36歳。通称は茶屋新七。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小杉一笑の関連キーワード一笑承応

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android