コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小村俊三郎 こむら しゅんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小村俊三郎 こむら-しゅんざぶろう

1870-1933 明治-昭和時代前期の外交官,ジャーナリスト。
明治3年9月3日生まれ。30年又従兄(またいとこ)の小村寿太郎の後援により北京に留学,中国語をおさめる。青木宣純(のりずみ)中佐の秘書官や一等通訳官などをつとめ,日中外交につくす。退官後,「東京朝日新聞」などの論説委員となった。昭和8年4月12日死去。64歳。日向(ひゅうが)(宮崎県)出身。高等師範中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小村俊三郎の関連キーワードジャーナリスト

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android