コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小村俊三郎 こむら しゅんざぶろう

1件 の用語解説(小村俊三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小村俊三郎 こむら-しゅんざぶろう

1870-1933 明治-昭和時代前期の外交官,ジャーナリスト。
明治3年9月3日生まれ。30年又従兄(またいとこ)の小村寿太郎の後援により北京に留学,中国語をおさめる。青木宣純(のりずみ)中佐の秘書官や一等通訳官などをつとめ,日中外交につくす。退官後,「東京朝日新聞」などの論説委員となった。昭和8年4月12日死去。64歳。日向(ひゅうが)(宮崎県)出身。高等師範中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小村俊三郎の関連キーワード織田東禹九条道実後藤武夫小山善能村磐夫疋田桂太郎降矢芳郎星野太郎矢作栄蔵依田豊

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone