小松宮妃頼子(読み)こまつのみやひ よりこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松宮妃頼子 こまつのみやひ-よりこ

1852-1914 明治時代の皇族。
嘉永(かえい)5年6月18日生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩主有馬頼咸(よりしげ)の娘。母は浦辻喜佐子。明治2年小松宮彰仁(あきひと)親王と結婚。大正3年6月26日死去。63歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android