小松小太郎(読み)こまつ こたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松小太郎 こまつ-こたろう

1844*-1863 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)14年12月生まれ。岩崎千里に儒学を,千頭伝四郎に剣術をまなぶ。文久3年(1863)北添佶摩(きつま)らと京都におもむき,諸藩の勤王派と交流する。海防策をたてるため蝦夷地(えぞち)(北海道)視察にむかうが,同年6月7日箱館(はこだて)で病死。21歳。土佐(高知県)出身。名は楽成(もとなり),(よしなり)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android