コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林俊三 こばやし しゅんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林俊三 こばやし-しゅんぞう

1888-1982 大正-昭和時代の弁護士,裁判官。
明治21年6月3日生まれ。昭和14年第二東京弁護士会会長。16年ゾルゲ事件で尾崎秀実(ほつみ)の官選弁護人。戦後は東京裁判で松岡洋右(ようすけ)の弁護人をつとめた。22年東京高裁長官,26年最高裁判事となり,チャタレイ裁判などにかかわった。33年日本法律家協会会長。昭和57年6月3日死去。94歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「私の会った明治の名法曹物語」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林俊三の関連キーワード昭和時代裁判官