コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林十九二 こばやし とくじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林十九二 こばやし-とくじ

1901-1964 大正-昭和時代の映画俳優。
明治34年3月10日生まれ。大正10年松竹蒲田(かまた)撮影所にはいり,脇役として活躍し,昭和10年幹部にすすむ。戦後は木下恵介(けいすけ)監督の「二十四の瞳」「楢山節考(ならやまぶしこう)」などに老役(ふけやく)で出演。昭和39年6月11日死去。63歳。岡山県出身。岡山工芸中退。本名は徳治

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林十九二の関連キーワード喜びも悲しみも幾歳月素晴らしき日曜日マダムと女房吉村 秀也彩られる唇昭和時代峠の彼方宝の山

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小林十九二の関連情報