小林十九二(読み)こばやし とくじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林十九二 こばやし-とくじ

1901-1964 大正-昭和時代の映画俳優。
明治34年3月10日生まれ。大正10年松竹蒲田(かまた)撮影所にはいり,脇役として活躍し,昭和10年幹部にすすむ。戦後は木下恵介(けいすけ)監督の「二十四の瞳」「楢山節考(ならやまぶしこう)」などに老役(ふけやく)で出演。昭和39年6月11日死去。63歳。岡山県出身。岡山工芸中退。本名は徳治

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android