コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林孫左衛門 こばやし まござえもん

1件 の用語解説(小林孫左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林孫左衛門 こばやし-まござえもん

1721-1756 江戸時代中期の一揆(いっき)指導者。
享保(きょうほう)6年生まれ。信濃(しなの)(長野県)佐久郡田野口藩領25ヵ村の総割元名主。宝暦4年の凶作のとき,17ヵ村の農民とともに年貢減免を強訴(ごうそ)。要求の一部をみとめさせたが,首謀者とみなされ,宝暦6年斬罪(ざんざい)のうえ家財を没収された。36歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林孫左衛門の関連キーワード享保の改革九州山地竹田出雲(2代)ブラック有期労働者小石川植物園エストニア市房山加藤美樹後藤芝山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone