コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林安石 こばやし あんせき

1件 の用語解説(小林安石の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林安石 こばやし-あんせき

1794-1854 江戸時代後期の医師。
寛政6年生まれ。広瀬淡窓(たんそう)にまなび,のちその弟の旭荘(きょくそう)とも交遊。諸国を遊歴ののち和泉(いずみ)(大阪府)堺で開業,嘉永(かえい)2年種痘(しゅとう)をこころみた。安政元年死去。61歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。名は勝。号は秋水。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林安石の関連キーワード銃創瑣言本間棗軒安政葛飾北斎東洲斎写楽東洲斎写楽百武万里平塚飄斎ペリー安政地震

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone