コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林安石 こばやし あんせき

1件 の用語解説(小林安石の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林安石 こばやし-あんせき

1794-1854 江戸時代後期の医師。
寛政6年生まれ。広瀬淡窓(たんそう)にまなび,のちその弟の旭荘(きょくそう)とも交遊。諸国を遊歴ののち和泉(いずみ)(大阪府)堺で開業,嘉永(かえい)2年種痘(しゅとう)をこころみた。安政元年死去。61歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。名は勝。号は秋水。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小林安石の関連キーワード三角了敬阿部古仙猪股秀哉神戸習悦黄谷近藤魯渓斎藤津守沢田玄良百々俊道守矢祥庵