コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林恭二 こばやし きょうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林恭二 こばやし-きょうじ

1957- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和32年11月9日生まれ。学習塾教師をしながら作品を発表し,昭和59年「電話男」で海燕新人文学賞。平成10年歌舞伎を題材に日本人の深層意識をうつしだした「カブキの日」で三島由紀夫賞。16年専修大教授。兵庫県出身。東大卒。作品はほかに「小説伝・純愛伝」「ゼウスガーデン衰亡史」「俳句という愉しみ―句会醍醐味」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林恭二の関連キーワード山椒魚戦争小説家

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小林恭二の関連情報