コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林政太郎 こばやし まさたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林政太郎 こばやし-まさたろう

1872-1947 明治-昭和時代前期の医師,発明家。
明治5年11月22日生まれ。35年良質で柔軟性のある小林柔軟オブラートを発明。医薬食料品にひろく使用され,日英米独仏の各国で特許をえる。大正2年自動汽力製造装置を完成させ,オブラートの大量生産に成功した。昭和22年12月6日死去。76歳。三重県出身。済生学舎卒。著作に「世界一周走馬灯」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林政太郎の関連キーワード明治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android