小林義直(読み)こばやし よしなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林義直 こばやし-よしなお

1844-1905 明治時代の医師,蘭学者。
天保(てんぽう)15年8月8日生まれ。もと備後(びんご)(広島県)福山藩士。藩儒江木繁太郎に儒学を,寺地舟里に蘭学をまなぶ。明治5年大学東校(現東大医学部)大助教となる。のち著述に専念。明治38年8月6日死去。62歳。名は源直。訳書に「内科必携理学診断法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android