小林義繁(読み)こばやし よししげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林義繁 こばやし-よししげ

?-1392* 南北朝時代の武将。
山名氏清(うじきよ)につかえる。氏清が将軍足利義満に反した明徳の乱のとき,もってのほかの悪逆であるとして氏清をいさめるがいれられず,兵をひきいて出陣。幕府軍の大内義弘とたたかい,明徳2=元中8年12月30日討ち死にした。通称は上野守。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android