コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小栗宗継 おぐり そうけい

3件 の用語解説(小栗宗継の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小栗宗継 おぐり-そうけい

?-? 室町-戦国時代の画家。
小栗宗湛(そうたん)の子。父の遺業をつぎ,延徳2年(1490)京都大徳寺養徳院の襖(ふすま)絵「山水図」「琴棋(きんき)書画図」「蘆雁(ろがん)図」を完成させた。別号に北房(きたのぼう)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小栗宗継

生年:生没年不詳
室町中期の画家。小栗宗湛の子。小栗は俗姓,宗継は出家後の法諱。相国寺蔭凉軒主亀泉集証と密接な交渉があったことが『蔭凉軒日録』により知られる。長享2(1488)年,堺において還俗し,以後月船(坊),北坊(喜多坊)の名で史料に登場する。僧俗の間を行き来する特異な在り方が注目される。画作の記録はかなり多く,『蔭凉軒日録』には13例を数え,四宮宅,御影間,養徳院(以上1490),松泉軒(1491),武藤寮(1492)などの障壁画制作に多忙であった。このうち,養徳院襖絵は父宗湛が描きかけていたものを補作したもので,「芦雁図」「琴棋書画図」「山水図」(すべて京都国立博物館蔵)が現存する。後世かなり改変されているが,小栗派の唯一の確証ある作品として貴重である。このほか,近年の研究によれば,「遮莫」「方外」の落款,印章を伴う作品は宗継筆である可能性が高い。なお『蔭凉軒日録』には,宗継が薬剤を調合し,診療をしたともある。<参考文献>今泉淑夫「落堕」(『ことばの文化史』中世4),蔭木英雄「画僧月船宗継とその周辺」(『相愛大学研究論集』1巻)

(山下裕二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小栗宗継
おぐりそうけい

宗継」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小栗宗継の言及

【小栗宗湛】より

…室町中期の画家。小栗は俗姓であり,出自は不明。大徳寺の養叟宗頤(ようそうそうき)に参禅し出家し,師より礀翁(かんおう)宗湛の道号と法諱(ほうき)を授けられた。また蔭涼軒主(いんりようけんしゆ)の季瓊真蘂(きけいしんずい)からは,牧牛(修禅の意)と名画僧牧谿の〈牧〉字にちなんで,庵号として〈自牧〉を与えられた。画の上での師は不明であるが,大徳寺にいたころ文清(ぶんせい)との関係が推察される。長禄期(1457‐60)ころ,竹香全悟ほか4僧賛の山水図を描き,画名が高かった。…

※「小栗宗継」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小栗宗継の関連キーワード小栗寛令小栗宗湛宗湛小栗小栗宗栗元賀雪篷等慶訥庵養月斎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone