コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小栗常山 おぐり じょうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小栗常山 おぐり-じょうざん

1763-1784 江戸時代中期の儒者。
宝暦13年6月生まれ。小栗鶴皐(かくこう)の孫。小栗十洲の兄。若狭(わかさ)(福井県)小浜の人。江村北海にまなぶ。詩文のほか画もよくした。死後詩文集が「常山遺稿」としてまとめられた。天明4年1月22日死去。22歳。名は煥,世煥。字(あざな)は明卿。通称は直之進。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小栗常山の関連キーワード平賀源内アメリカ独立革命イギリス・フランス植民地戦争ワシントン(George Washington)総合年表(アメリカ)ビュート伯本居宣長ニューフランスラルサ辺境伯オペラハウス

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android