コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小沢清 おざわ きよし

1件 の用語解説(小沢清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小沢清 おざわ-きよし

1922-1995 昭和後期-平成時代の小説家。
大正11年4月26日生まれ。昭和13年から東京電気(現東芝),沖電気の工場などに勤務。18年にかいた短編小説「町工場」が徳永直(すなお)にみとめられ,21年あたらしい時代の労働者作家の作品として「新日本文学」に掲載された。のち日本民主主義文学同盟に所属。平成7年2月9日死去。72歳。大阪出身。作品はほかに「巣立ちの冬」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小沢清の関連キーワード黒人問題ブラジル文学アルバニア文学宮嶋資夫宗谷本線日本共産党ラビンスペイン映画記録文学スミッソン(夫妻)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小沢清の関連情報