小泉了諦(読み)こいずみ りょうたい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小泉了諦 こいずみ-りょうたい

1851-1938 明治-昭和時代前期の僧。
嘉永(かえい)4年11月5日生まれ。福井県鯖江にある真宗誠照(しょうしょう)寺派法林寺住職。慶応義塾でまなび,博多の万行寺七里恒順師事。明治22年本山の命でインド,セイロン(現スリランカ)でサンスクリット,パーリ語をおさめる。帰国後は布教活動に専念した。昭和13年1月6日死去。88歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android