コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七里恒順 しちりこうじゅん

2件 の用語解説(七里恒順の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七里恒順
しちりこうじゅん

[生]天保6(1835)
[没]1900
浄土真宗西本願寺派の僧。福岡県博多の万行寺の住職で,学徳高く感化が大きかった。著述に『観経しょ要』,語録に『七里和上言行録』などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

七里恒順 しちり-ごうじゅん

1835-1900 幕末-明治時代の僧。
天保(てんぽう)6年7月11日生まれ。浄土真宗。南渓(なんけい),月珠(げっしゅ)らにまなび,筑前(ちくぜん)(福岡県)博多の万行寺の住職となる。西本願寺の執行(しぎょう)職に数年間ついた以外は自坊をはなれず,甘露窟という私塾で教育や布教に専念した。明治33年1月29日死去。66歳。越後(えちご)(新潟県)出身。号は松花子。著作に「七里和上言行録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

七里恒順の関連キーワード羽田子雲槐安梅上沢融河田煕国分文友尊純津川日済不二の屋高嶺水原慈音紫ちちぶ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone