コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小泉信吉 こいずみ のぶきち

3件 の用語解説(小泉信吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小泉信吉 こいずみ-のぶきち

1849-1894 明治時代の銀行家。
嘉永(かえい)2年2月3日生まれ。小泉信三の父。慶応義塾にまなび,福沢諭吉口添えで明治9年イギリスに留学。帰国後,横浜正金銀行の創立にかかわり,副頭取。大蔵省主税官,慶応義塾塾長をへて横浜正金銀行支配人をつとめた。明治27年12月8日死去。46歳。紀伊(きい)和歌山出身。

小泉信吉 こいずみ-しんきち

こいずみ-のぶきち

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小泉信吉

没年:明治27.12.8(1894)
生年:嘉永2.2.3(1849.2.25)
明治時代の実業家。福沢諭吉系財界人。紀州(和歌山)藩士小泉文庫の子。和歌山生まれ。慶応2(1866)年,藩命で慶応義塾に学んだ。維新後は大学南校等の教師であったが,明治7(1874)~11年,中上川彦次郎と共にロンドンに留学した。帰国後大蔵省に勤務したが,13年に福沢とその門下生が中心となって横浜正金銀行を設立した際,副頭取に就任,他方,福沢門下生と共に明治生命,交詢社などの創立に当たった。いったん正金銀行を辞任し,大蔵省に復帰したのち,20年慶応義塾総長に招かれ,2年後塾長に選任されたが,塾内の不一致から辞職した。日本銀行を経て,25年横浜正金銀行支配人返り咲くが,約2年で死去した。葬儀に当たり師の福沢が「涙を払て弔文を誌」したという。長男信三は経済学者として名高く,昭和8(1933)年以来約13年間,慶応義塾塾長を務めた。<参考文献>『慶応義塾百年史付録』

(森川英正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小泉信吉の関連キーワード福沢桃介富田正文冨田正文福沢朝吹英二大分県中津市留守居町石河幹明島村浅夫中沢彦吉山名次郎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小泉信吉の関連情報