コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口添え クチゾエ

デジタル大辞泉の解説

くち‐ぞえ〔‐ぞへ〕【口添え】

[名](スル)傍らから言葉を添えてとりなすこと。「知人のために口添えする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くちぞえ【口添え】

( 名 ) スル
ある人の依頼・交渉などがうまく行くように、はたから言葉を添えてとりなすこと。 「就職の-をする」 「先生の-で解決した」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

口添えの関連キーワードビリエ・ド・リラダン御声掛かり・御声掛り添え詞・添え言葉ファシリテーター春駒(餅菓子)口を添えるカレーラス長井時広松井康之赤松政則赤松則尚荒川重平小泉信吉言加う取合せ源頼朝鷹司家添え詞源頼信知人

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口添えの関連情報