コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小渕恵三 おぶちけいぞう

6件 の用語解説(小渕恵三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小渕恵三
おぶちけいぞう

[生]1937.6.25. 群馬,中之条町
[没]2000.5.14. 東京
政治家。衆議院議員小渕光平の次男として生れる。早稲田大学大学院在学中の 1963年に衆議院議員に初当選。 79年大平内閣総理府総務長官・沖縄開発庁長官として入閣。 84年自民党副幹事長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おぶち‐けいぞう〔をぶち‐〕【小渕恵三】

[1937~2000]政治家。群馬の生まれ。昭和38年(1963)父・光平の地盤を継ぎ衆議院議員に当選。昭和62年(1987)に竹下内閣の官房長官となり、新元号「平成」の発表で注目を集めた。その後、自民党幹事長・外相などを歴任。平成10年(1998)首相に就任。翌年から自由党公明党との連立政権となる。平成12年(2000)4月、在任中に脳梗塞で倒れ翌月死去。→森喜朗

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小渕恵三【おぶちけいぞう】

政治家。群馬県出身。早大大学院修了。政治家の家に生まれ,1963年26歳で衆議院議員に当選(自由民主党),以後連続当選12回。田中派,金丸派,竹下派に所属。1979年第2次大平正芳内閣で初入閣(総理府総務長官兼沖縄開発庁長官),以後官房長官や党幹事長などを歴任,第2次橋本龍太郎内閣では外務大臣を務めた。
→関連項目森喜朗

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小渕恵三 おぶち-けいぞう

1937-2000 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和12年6月25日生まれ。小渕光平の3男。昭和38年父の地盤をつぎ衆議院議員(当選12回,自民党)。総理府総務長官,竹下内閣の官房長官を歴任。平成3年党幹事長となり,翌年の竹下派分裂後,小渕派をひきいる。第2次橋本内閣の外相をへて,10年首相。首相在任中に脳梗塞(のうこうそく)でたおれ,平成12年5月14日死去。62歳。群馬県出身。早大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

おぶちけいぞう【小渕恵三】

1937~2000) 政治家。群馬県生まれ。早大卒。1963年(昭和38)衆議院議員に初当選。98年(平成10)首相に就任し、経済再生に取り組んだ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小渕恵三
おぶちけいぞう
(1937―2000)

政治家。群馬県生まれ。1962年(昭和37)早稲田大学卒業。大学では雄弁会に所属した。自民党代議士であった父光平の跡を継いで1963年の総選挙で衆議院旧群馬3区から初当選、26歳での当選は当時の最年少記録。以後連続12回当選。1979年第二次大平正芳(おおひらまさよし)内閣の総理府総務長官として初入閣を果たしたあと、竹下登(のぼる)の側近中の側近として竹下派結成にかかわった。1987年竹下内閣の官房長官となり、「平成」の元号発表で注目を集めた。1991年(平成3)4月自民党幹事長に就任。1992年10月の竹下派分裂では反小沢派に担がれて派閥会長となり、1994年7月には自民党副総裁に就任した。1997年第二次橋本龍太郎内閣の外相となり、対人地雷全面禁止条約実現に尽力した。1998年7月参議院選挙敗北による橋本退陣を受けて自民党総裁に就任、同時に第84代内閣総理大臣に指名された。当初、小渕内閣は自民党単独内閣であったが、1999年1月に内閣を改造し自由党との連立政権を発足させた。さらに1999年10月には、公明党を加えた三党連立による第二次改造内閣を発足させ長期政権を目ざしたが、2000年4月に自由党が連立を離脱、小渕はその直後に脳梗塞(のうこうそく)で倒れ、内閣は総辞職した。平成12年5月14日死去。[伊藤 悟]
『佐野眞一著『凡宰伝』(文春文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小渕恵三の関連キーワード山岸純飛鳥井雅道奥山峰石梶木剛岸義人木戸蓊佐藤幸治(2)辻隆豊嶋一喜養老孟司

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小渕恵三の関連情報