小渕恵三(読み)おぶちけいぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小渕恵三
おぶちけいぞう

[生]1937.6.25. 群馬,中之条町
[没]2000.5.14. 東京
政治家。衆議院議員小渕光平の次男として生れる。早稲田大学大学院在学中の 1963年に衆議院議員に初当選。 79年大平内閣で総理府総務長官・沖縄開発庁長官として入閣。 84年自民党副幹事長。 87年竹下内閣の官房長官に起用され「平成」の元号を発表。 91年自民党幹事長。 97年橋本内閣の外相をつとめた。 98年,第 18回参議院通常選挙が行われ,橋本内閣の経済失政が問われた結果,自民党の惨敗に終り,橋本龍太郎首相が辞任。梶山静六小泉純一郎とともに自民党の総裁選立候補,選出されて第 83代 54人目の首相に就任した。 2000年4月,首相公邸で体調不調を訴え緊急入院し,みずから決定した沖縄サミットの開催をみることなく脳梗塞で死去した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おぶち‐けいぞう〔をぶち‐〕【小渕恵三】

[1937~2000]政治家。群馬の生まれ。昭和38年(1963)父・光平の地盤を継ぎ衆議院議員に当選。昭和62年(1987)に竹下内閣の官房長官となり、新元号「平成」の発表で注目を集めた。その後、自民党幹事長・外相などを歴任。平成10年(1998)首相に就任。翌年から自由党公明党との連立政権となる。平成12年(2000)4月、在任中に脳梗塞で倒れ翌月死去。→森喜朗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

小渕恵三【おぶちけいぞう】

政治家。群馬県出身。早大大学院修了。政治家の家に生まれ,1963年26歳で衆議院議員に当選(自由民主党),以後連続当選12回。田中派,金丸派,竹下派に所属。1979年第2次大平正芳内閣で初入閣(総理府総務長官兼沖縄開発庁長官),以後官房長官や党幹事長などを歴任,第2次橋本龍太郎内閣では外務大臣を務めた。この間,竹下派を継承して派閥の領袖となる(小渕派)。1998年7月,参議院選挙での自民党大敗により橋本龍太郎が党総裁を辞任(内閣総辞職),梶山静六,小泉純一郎と争った総裁選で選出され,内閣総理大臣に就任。1999年9月の総裁選では加藤紘一,山崎拓を破って再選された。2000年4月,脳梗塞で緊急入院,小渕内閣は総辞職した。5月14日死去。→小渕恵三内閣
→関連項目森喜朗

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小渕恵三 おぶち-けいぞう

1937-2000 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和12年6月25日生まれ。小渕光平の3男。昭和38年父の地盤をつぎ衆議院議員(当選12回,自民党)。総理府総務長官,竹下内閣の官房長官を歴任。平成3年党幹事長となり,翌年の竹下派分裂後,小渕派をひきいる。第2次橋本内閣の外相をへて,10年首相。首相在任中に脳梗塞(のうこうそく)でたおれ,平成12年5月14日死去。62歳。群馬県出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おぶちけいぞう【小渕恵三】

1937~2000) 政治家。群馬県生まれ。早大卒。1963年(昭和38)衆議院議員に初当選。98年(平成10)首相に就任し、経済再生に取り組んだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小渕恵三
おぶちけいぞう
(1937―2000)

政治家。群馬県生まれ。1962年(昭和37)早稲田大学卒業。大学では雄弁会に所属した。自民党代議士であった父光平の跡を継いで1963年の総選挙で衆議院旧群馬3区から初当選、26歳での当選は当時の最年少記録。以後連続12回当選。1979年第二次大平正芳(おおひらまさよし)内閣の総理府総務長官として初入閣を果たしたあと、竹下登(のぼる)の側近中の側近として竹下派結成にかかわった。1987年竹下内閣の官房長官となり、「平成」の元号発表で注目を集めた。1991年(平成3)4月自民党幹事長に就任。1992年10月の竹下派分裂では反小沢派に担がれて派閥会長となり、1994年7月には自民党副総裁に就任した。1997年第二次橋本龍太郎内閣の外相となり、対人地雷全面禁止条約実現に尽力した。1998年7月参議院選挙敗北による橋本退陣を受けて自民党総裁に就任、同時に第84代内閣総理大臣に指名された。当初、小渕内閣は自民党単独内閣であったが、1999年1月に内閣を改造し自由党との連立政権を発足させた。さらに1999年10月には、公明党を加えた三党連立による第二次改造内閣を発足させ長期政権を目ざしたが、2000年4月に自由党が連立を離脱、小渕はその直後に脳梗塞(のうこうそく)で倒れ、内閣は総辞職した。平成12年5月14日死去。[伊藤 悟]
『佐野眞一著『凡宰伝』(文春文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小渕恵三の関連情報