東京放送(読み)とうきょうほうそう

日本大百科全書(ニッポニカ)「東京放送」の解説

東京放送
とうきょうほうそう

かつての放送事業者名。略称TBS。1951年(昭和26)12月、東京初の民放ラジオ局ラジオ東京として開局。1955年4月からテレビ放送を開始し、1960年11月に東京放送と社名変更。日本の民間放送界を代表するラジオ(JRN:ジャパン・ラジオ・ネットワークを形成)、テレビ(JNN:ジャパン・ニュース・ネットワークを形成)を兼営する局となった。

 テレビでは、多くの名作ドラマを制作したほか、JNNの強力な取材力を生かした報道活動を行い、バランスのとれた経営を行った。ラジオは比較的年齢の高い聴取者を対象にした編成を主軸にする一方で、子供向け番組「全国こども電話相談室」(1964~2008)などの長寿番組も生み出した。2000年(平成12)テレビ・ラジオの制作部門を子会社化(TBSテレビおよびTBSラジオ)、2009年に法人名を東京放送ホールディングスと変更して持ち株会社となった。

[編集部 2018年12月13日]

『東京放送社史編集室編『東京放送のあゆみ』(1965・東京放送)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「東京放送」の解説

とうきょう‐ほうそう〔トウキヤウハウソウ〕【東京放送】

東京放送ホールディングスTBSテレビTBSラジオなどの分社化前の法人名。昭和26年(1951)にラジオの、同30年にテレビの放送を開始。平成12年(2000)テレビ・ラジオの制作部門を子会社し、同21年に法人名を東京放送ホールディングスと変更して持ち株会社となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android